業績一覧



<学術論文>

2017年7月:

吉田大海,
"LIC法とアナログの鉛筆画技法に基づく鉛筆画風テクスチャ画像生成法"
画像電子学誌 vol.45, no.3, pp395-402. - July, 2017


2016年10月:

T. Tsujii, H.Yoshida, Y.Iiguni,
"Automatic draft reading based on image processing,"
Optical Engineering, Vol.55, Issue.10, 104104, Oct 2016.


2016年6月:

上野大,吉田大海,飯國洋二,
"多値の初期確信度を用いた建造物画像の自動GrowCut,"
システム制御情報学会論文誌, vol.29, no.6, pp.266-274, June 2016.


2016年3月:

吉田大海,
”図形の 大きさに基づく鉛筆画の輪郭生成”,
画像電子学会誌, vol.45, no.2, pp.212-215, Mar. 2016.


2015年1月:

吉田 大海,
”絵画の質感を考慮したインペインティング”,
画像電子学会誌, vol.44, no.1, pp.77-84, Jan. 2015.


2014年9月:

吉田大海, 飯國洋二,
”フラクタル次元を用いたクラック検出のためのレーザー画像2値化法”,
画像電子学会誌, vol.43, no.4, pp.595-598, Sep. 2014.



2014年7月:

吉田大海, 飯國洋二,
”空間距離に基づくスクラッチ欠損補完”,
画像電子学会誌, vol.43, no.3, pp.374-382, Jul. 2014.



岡本 章裕, 吉田 大海, 田中 直樹, 廣野 康平,
”画像処理を用いた計測距離にロバストな喫水自動読取方式”,
日本航海学会論文集, vol.130, pp.135-140, Jul. 2014.



2014年1月:

吉田大海,
”低品質文書画像を対象とした条件付高解像度化方式”,
画像電子学会誌, vol.43, no.1, pp.28-34, Jan. 2014.




2013
1月:

Hiromi Yoshida and Naoki Tanaka,A Binarization Method for the Character Extraction from Scene Image by the Blanket Method”, IIEEJ, Vol.42, pp41-46

 

20113月:

吉田大海・植村博之・田中直樹・井上健, 音声帯域の漁業無線を用いたデータ伝送に適した実況天気図の圧縮・復元方式の改良”, 日本航海学会論文集, 日本航海学会, 124, pp345-353

 

20107月:

吉田大海・田中直樹, “ブランケット法を用いた文字列抽出に適した情景画像の2値化法”. 画像電子学会誌, 画像電子学会, Vol.39, pp463-472, No.4

 

20107月:

吉田大海・田中直樹・井上健, “ Hilditch細線化アルゴリズムにおける連結性保存条件の誤用に関する注意喚起”, 画像電子学会, Vol.39, pp490-493, No.4

 

20103月:

吉田大海・田中直樹・井上健, “音声帯域の漁業無線を用いたデータ伝送に適した実況天気図の圧縮”, 日本航海学会論文集, 日本航海学会, 122, pp61-67



<国際会議論文>

20175月:

Ryota Okawa, Hiromi Yoshida, Youji Iiguni,
"Automatic Pencil Sketch Generation by Using Canny Edges,"
Proceedings of MVA 2017 IAPR International Conference on Machine Vision Applications, pp.256-259 May. 2017.


Taichi Arimasa, Hiromi Yoshida, Youji Iiguni,
"Detection of View-Disturbing Noise by Using Time-Axial Clustering in Spatio-Temporal Image,"
Proceedings of MVA 2017 IAPR International Conference on Machine Vision Applications, pp.252-255 May. 2017.


201512月:

S. Yoneda, H. Yoshida and Y. Iiguni,
"Advanced Gabor Filter for Low-quality Document Image Based on Visual Feature,"
Proc. of the World Engineering Conference and Convention 2015, pp. 1-5, Dec. 2015.


20155月:

A. Nakashima, H. Yoshida, and Y. Iiguni,
"Virtual Wiper-Restoration from Vehicle-Mounted Camera Using Wiper Template,"
Proceedings of the International Symposium on ENGINEERING SCIENCE 2015,
pp.256-260, May 2015.


20135月:

Akihiro Okamoto, Hiromi Yoshida and Naoki Tanaka, ”A Binarization Method for Degraded Document Images with Morphological Operations”, Proceedings of MVA 2013, IAPR International Conference on Machine Vision Applications, pp294-297, Ritsumeikan University, Kyoto, Japan

 

20123月:

Hiromi Yoshida, Naoki Tanaka and Takashi Nagamatsu, “A New Method of Character Strings Extraction based on Blanket Binarization” Document Analysis Systems 2012, DAS 2012 10th IAPR International Workshop on Document Analysis Systems, Short Paper Booklet, pp9-10,  Gold Coast, Queensland, Australia

 

20116月:

Hiromi Yoshida and Naoki Tanaka, ”A Blanket Binarization Method for Character String Extraction”, Machine Vision Applications 2011, IAPR MVA 2011 Proceeding of the IAPR Conference on Machine Vision Applications, pp31-34, Nara Centennial Hall Nara, Japan

 

200911月:

Hiromi Yoshida and Naoki Tanaka, ”A Binarization Method for a Scenery Image with the Fractal Dimension”, Progress in Pattern Recognition, Image Analysis, Computer Vision, and Applications, Springer Berlin / Heidelberg, Lecture Note in Computer Science(LNCS) Vol.5856, pp29-36, Guadalajara, Mexico

 

20095月:

Hiromi Yoshida and Naoki Tanaka, ”A New Binarization Method for a Sign Board Image with the Blanket Method”, IEEE The 1st CJK Joint Workshop on Pattern Recognition, pp845-848, NanjingNanjing University of Science and Technology, China

 

20093月:

Hiromi Yoshida and Naoki Tanaka, ”A Binarization method for Crack Detection in a Road Surface Image with the Fractal Dimension”, Machine Vision Applications 2009, In Proceedings of MVA 2009 IAPR Conference on Machine Vision Applications, pp70-73, Keio University, Japan,

 

20089月:

Hiromi Yoshida and Naoki Tanaka, “A Study on Signboard Image Identification with SIFT Features”, Document Analysis Systems 2008, In Handout of 8th IAPR International Workshop on Document Analysis System, pp10-13, Nara Prefectural New Public Hall, Nara, Japan


<国内学会発表>

2017年10月:

中西 創, 吉田大海, 飯國洋二
"土地被覆解析を用いた更新が容易な津波浸水予測ハザードマップ作成法,"
電子情報通信学会技術研究報告, pp.1-6, Oct. 2017


加藤洋明, 吉田大海, 飯國洋二
"非写実性と質感を考慮した絵画風画像の進化的生成,"
電子情報通信学会技術研究報告, pp.49-54, Oct. 2017.


川邊 彪, 吉田大海, 飯國洋二,
"ダイナミックレンジ拡張とラプラシアンピラミッドを用いた画像の拡大手法,"
画像工学研究会, pp.66-69, Oct. 2017



 

2017年7月:

吉田大海,
"AI技術の基礎となる画像処理,"
ARMマイコン・ワークショップ2017, テクニカルセッション(招待講演)クラウドAIトラック. July, 2017.



 

2016年7月:

松本光司, 吉田大海, 飯國洋二,
"細部の捨象と揺らぎを含む重ね描きを考慮した鉛筆ラフスケッチ画像の自動生成,"
電子情報通信学会技術研究報告, pp.61-66, July. 2016.


大川僚太, 吉田大海, 飯國洋二,
"Graph Cut を用いたシームレステクスチャの生成法,"
電子情報通信学会技術研究報告, pp.55-60, July. 2016.



2016年6月:

奥山真仁,吉田大海,飯國洋二,
"領域境界に着目した事例ベース型による衛星画像の領域分類,"
第44回画像電子学会年次大会予稿集, pp.1-4, June 2016.


武藤大将,吉田大海,飯國洋二,
"車載カメラ画像を対象とした濃度共起行列に基づく舗装解析,"
第44回画像電子学会年次大会予稿集, pp.1-4, June 2016.


有正太一,吉田大海,飯國洋二,
"時間軸方向のクラスタリングを用いた時空間画像からの視野妨害ノイズ領域検出,"
第44回画像電子学会年次大会予稿集, pp.1-4, June 2016.




2015年5月:

上野大, 吉田大海, 飯國洋二,
"多値の初期確信度を用いた建造物画像の自動GrowCut"
第59回システム制御情報学会研究発表講演会, pp.29(1-6), May. 2015


2014年3月:

辻井貴大, 吉田大海, 飯國洋二,
"喫水読取のための時空間ラプラシアンを用いた喫水線推定,"
2014 電子情報通信学会総合大会講演論文集, D-11-30, March. 2014.


池田修二郎, 吉田大海, 飯國洋二,
"条件付高解像度化と文字線幅判定を用いた劣化文書画像の2値化法,"
2014 電子情報通信学会総合大会講演論文集, D-11-32, March. 2014.


芦田健, 吉田大海, 飯國洋二,
"適応的トップハット処理による眼底領域雑音を低減した血管抽出方式,"
2014 電子情報通信学会総合大会講演論文集, D-11-36, March. 2014.


柴田大樹, 吉田大海, 飯國洋二,
"空間距離と類似度エネルギーに基づく二段階領域補間,"
2014 電子情報通信学会総合大会講演論文集, D-11-56, March. 2014.



2013
5月:

岡本章裕・吉田大海・田中直樹・廣野康平,” 画像処理を用いた計測距離にロバストな喫水自動読取方式日本航海学会講演会, 日本航海学会第128回講演会, 日本航海学会講演予稿集11,pp93-96

 

20126月:

中田裕一・吉田大海・田中直樹, “ブランケット法に基づく高速なフラクタル次元算出方式”, 2012 年度画像電子学会第 40 回年次大会, 画像電子学会, 巻:40th, ROMBUNNO.P-11

 

201010月:

吉田大海・植村博之・田中直樹・井上健, “音声帯域の漁業無線を用いたデータ伝送に適した実況天気図の圧縮・復元方式の改良”, 日本航海学会講演会, 日本航海学会第123回講演会, ?-13

 

2009 10月:

吉田大海・田中直樹・井上健 , “ 音声帯域の漁業無線を用いたデータ伝送に適した実況天気図の圧縮 ”, 日本航海学会講演会 , 日本航海学会第 121回講演会 , ?-10



<雑誌記事・解説・総説>

2017年3月:

吉田大海,
"AI/VR基礎固め! 新・画像処理101 CD付,"
インターフェース CQ出版社, pp.16-106, March. 2017



2015年11月:

吉田大海,
"空間距離に基づくスクラッチインペインティングの解説,"
画像ラボ, 日本工業出版, pp.18-22, Nov. 2015



2015年4月:

吉田大海,
低品質文書画像を対象とした条件付高解像度化方式の解説,”
画像ラボ, 日本工
業出版,
pp.35-40, Apr. 2015.